糖尿病を改善させる食事療法

低血糖症

低血糖症とは、血液中に含まれるブドウ糖の量が少ない状態が長く続くことを言い、
様々な症状が現れます。

 

まずはその一例をご覧ください。

 

  • 疲労感
  • 朝目覚めた時の無気力
  • 昼食後の眠気、無気力
  • 集中力の低下
  • めまい
  • イライラ
  • 物忘れ
  • うつ
  • 不眠
  • 悪夢
  • 幻覚
  • 精神的錯乱
  • 感情表現の欠如

 

このような症状がみられ一言で言い表すのは難しいですが、
精神的な問題に発展するケースが多く、
低血糖症から「うつ病」などの病気に掛かることも稀ではありません。

 

低血糖症

 

低血糖症の原因としては、ジュースやお菓子など「糖」の取り過ぎで発症します。
なぜ糖の取り過ぎが低血糖症を招くのか、噛み砕いてご説明しましょう。

 

甘いモノ、つまり糖は体内で分解されるのがもっとも早い物質で、
分解されるとブドウ糖として血液中に吸収されその濃度は急激に上がります。

 

ブドウ糖という物質は体を動かすために必要な栄養素なのですが
長い年月を掛け毛細血管を徐々に破壊するという悪い要素を持ち合わせた性質もあり、
必要と同時に危険な存在でもあることを知っておいてください。

 

甘いものを食べ急激にブドウ糖が増えた状態を脳は危険と感じてしまい、
すい臓から作り出されるインスリンというホルモンを分泌して
ブドウ糖の量を減らそうとします。

 

甘いものを食べるとこれらの作用を繰り返すワケですが、
それを頻繁に繰り返すと、すい臓が疲れてしまいうまく機能しなくなってしまうのです。

 

その結果、少量の糖を摂取しただけでも大量のインスリンを分泌するようになり、
血液中に含むブドウ糖の濃度を異常に下げ過ぎてしまうのです。

 

そして必要としているブドウ糖もなくなり様々な病気として発症するワケです。

 

その中でも脳は特にブドウ糖のみをエネルギーとしているので、
その影響を受けやすくエネルギー不足が直結するため、
精神的に大きな異常を引き起こす原因となるのです。

 

食事療法食事療法の詳細はこちら

【無料】糖尿病改善プログラムメールマガジン登録

 

当メルマガは、

  • 糖尿病にお悩みの方
  • ご家族・友人の糖尿病を治したい方
  • 糖尿病の心配がある方

にオススメいたします。

 

このメルマガでは、
糖尿病と診断をされてからわずか2ヶ月間で糖尿病を改善した方法をお伝えします。
こちらのページに証拠画像がございます。)

 

ぜひご覧いただき、あなたやあなたの身のまわりの方の
糖尿病改善にご活用ください。

 

お名前 ※


E-Mail ※


 

※当メルマガは独自配信システムを利用していますので、
他のメルマガに自動登録されることはございません。
また、いつでも解除して頂けますので安心してご登録ください。