糖尿病を改善させる食事療法

生活習慣病

生活習慣病とは
食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒主幹などの生活習慣のバランスによって
発症したり進行する疾患群とされています。

 

代表的な病名は、

 

  • 糖尿病
  • 虫歯
  • 歯周病
  • 骨粗鬆症
  • アルコール性肝疾患
  • 肥満症
  • 痛風
  • 高血圧症
  • 高脂血症
  • 心臓病
  • 脳卒中

 

など、あなたもこれらの病名を一度ぐらいは耳にしたことのある病気ばかりです。

 

一昔であれば年齢を増すと共に発症事例が多かったのですが、
最近では比較的若い年齢でも発症することが多いのです。

 

ですから現在は生活習慣の乱れから年齢ばかりが原因ではないということで、
96年までは「成人病」と呼ばれていましたが、96年以降は「生活習慣病」と改名されました。

 

 

 

生活習慣病には大きく4つの習慣によって、病気も大きく分かれています。
その代表事例を簡単にまとめてみました。

 

食習慣の乱れによる病名

 

糖尿病、肥満症、高脂血症、痛風、循環器病、大腸がん、歯周病など

 

生活習慣病

 

運動習慣の乱れによる病名

 

糖尿病(成人型)、肥満症、高脂血症、高血圧など

 

生活習慣病

 

喫煙習慣の乱れによる病名

 

肺扁平上皮がん、慢性気管支炎、肺気腫、循環器病、歯周病など

 

生活習慣病

 

飲酒習慣の乱れによる病名

 

アルコール性肝疾患など

 

生活習慣病

 

 

 

 

 

 

 

 

 

糖尿病に限って言えば、
やはり食習慣と運動習慣のバランスによって発症する事例が多く、
特に食習慣によるものがほとんどだと言われています。

 

生活習慣病の中でも糖尿病、高血圧症、高脂血症は
特に心臓病や脳血管の危険因子とされあなたの命を奪いかねません。

 

さらに生活習慣病の背景には肥満や内脂肪の蓄積が要因とされており、
肥満傾向にある人は、糖尿病、高血圧など、
またその行く末は心臓病、脳血管などのリスクを背負うことになります。

 

これは俗に言う「メタボリックシンドローム」と言われ、
最近では太っている人を「メタボ」などの愛称で言われるまでに一般化されています。

 

 

ただし、糖尿病に限ってお話すると一見太っていない人は健康そうに見えますが、
食べても太らないのは
血液中のブドウ糖をうまく体内へと吸収しきれていない可能性も否定できないので安心は禁物です。

 

本来であればインスリンというホルモンによって
血液中のブドウ糖は体内に吸収されエネルギーとして使用されると同時に
脂質へと変り食べ過ぎれば脂肪が付き肥満傾向の予兆が出てくるはずです。

 

こうした自然の摂理から考えれば、
食べても痩せている方が異常だとも言えることがお分かりいただけると思います。

 

たくさん食べるけど痩せている方は
糖尿病の可能性が高いので注意してください。

 

食事療法食事療法の詳細はこちら

【無料】糖尿病改善プログラムメールマガジン登録

 

当メルマガは、

  • 糖尿病にお悩みの方
  • ご家族・友人の糖尿病を治したい方
  • 糖尿病の心配がある方

にオススメいたします。

 

このメルマガでは、
糖尿病と診断をされてからわずか2ヶ月間で糖尿病を改善した方法をお伝えします。
こちらのページに証拠画像がございます。)

 

ぜひご覧いただき、あなたやあなたの身のまわりの方の
糖尿病改善にご活用ください。

 

お名前 ※


E-Mail ※


 

※当メルマガは独自配信システムを利用していますので、
他のメルマガに自動登録されることはございません。
また、いつでも解除して頂けますので安心してご登録ください。