糖尿病を改善させる食事療法

ヘモグロビンA1c値

血液検査を行うと診断書には
HbA1c(ヘモグロビンA1c)という値が「%」表示で記述されています。

 

普通に暮らしていた人にとっては、
このHbA1cというアルファベットの羅列だけでは、よく分かりませんよね?

 

実はこれ、糖尿病と診断するための重要な数値で、
このパーセンテージが高くなればなるほど
長い年月血液中にブドウ糖の量が多い状態が続いていたことを示しているのです。

 

 

その詳細を解説していきます。

 

ヘモグロビン(Hb)とは、よく耳にすると思います。
血液の中にあるタンパク質の一種ですが、
酸素とブドウ糖が結合したモノがHbA1cというのです。

 

ちなみに酸素を体中に運ぶ役目があります。

 

 

では、このHbA1cを測定することで何が分かるかというと、
ブドウ糖と結合し長い間、血液中に留まる性質を活かして、
「1ヶ月〜2ヶ月前」の血液中に含むブドウ糖の量を測定してしまおうという考えです。

 

糖尿病と診断するには血糖値を測定する方法が用いられてきましたが、
血糖値は何かを食べる度に上がったり下がったりと非常に不安定なモノです。

 

それを補うためにHbA1cという「長期的な分析結果」と合わせて糖尿と診断し、
同時に克服したい人にとって改善しているかどうかの目安にもできるワケです。

 

 

その数値について、もう少し詳しくお話します。

 

通常はHbA1c約5.8%(JDS値)前後が普通とされていて、
医学的な基準としては欧米規格と日本規格(JDS値)とあるのですが、
欧米規格は6.5%以上、日本規格は6.1%以上が問題とされ
糖尿病かどうかの判断基準として用いれられています。
(日本規格JDS値+0.4%で欧米規格と同等の結果になることは科学的に立証されています)

 

ヘモグロビンA1c値

 

 

糖尿病に掛かると、血糖値だけを見て判断している人を見かけますが
本当に改善しているかどうかを見極めるためにHbA1cも同時に確認してください。

 

血糖値が下がっていてもHbA1cがもし上がっているのであれば、
ここ1、2ヶ月の間は血液中のブドウ糖が多かったことを示すので、
あまり良い傾向だとは言えません。

 

逆に血糖値が上がっていたとしてもHbA1cが下がっているようでしたら、
食後から採血までの十分な時間が空いておらず、
たまたま血糖値が上がってしまった可能性が強く、
糖尿病の改善という意味では良くなっている傾向が強いと言ってもいいでしょう。

 

ヘモグロビン(HbA1c)を確認していただくことは改善・克服をする上で
重要なデータとなるので必ず覚えておいてください。

 

食事療法食事療法の詳細はこちら

【無料】糖尿病改善プログラムメールマガジン登録

 

当メルマガは、

  • 糖尿病にお悩みの方
  • ご家族・友人の糖尿病を治したい方
  • 糖尿病の心配がある方

にオススメいたします。

 

このメルマガでは、
糖尿病と診断をされてからわずか2ヶ月間で糖尿病を改善した方法をお伝えします。
こちらのページに証拠画像がございます。)

 

ぜひご覧いただき、あなたやあなたの身のまわりの方の
糖尿病改善にご活用ください。

 

お名前 ※


E-Mail ※


 

※当メルマガは独自配信システムを利用していますので、
他のメルマガに自動登録されることはございません。
また、いつでも解除して頂けますので安心してご登録ください。