糖尿病を改善させる食事療法

2型糖尿病

さて、この型があなたを悩ませる
一番の種と言っていいと思います。

 

その根拠ですが1型は特殊な事例が多い中、
糖尿病患者の95%がこの2型と言われる症状によって苦しんでいるとされているからです。

 

ですから、このサイトでは
この2型を中心に様々なデータや詳細をお伝えし、
またそれらを改善する方法や克服する方法などを紹介していく形となっています。

 

改善や克服する中で、まったくの無知では治るものも治りませんし、
なにより自分の病気や大切な方の病気を知ることで精神的にも、
または介護する上でもストレスを少しでも和らげる効果があります。

 

長い時間を糖尿病と戦い勝利を収めるためにも
非常に重要な過程だと思いますので、
まずは敵(糖尿病)を知りあなたが正確な情報を把握し
余裕すら感じられるほどになってもらえればと思っています。

 

2型糖尿病

 

では2型を詳しく説明していきましょう。

 

2型と言ってもそれらの原因は1つではなく
様々な原因によって発症しています。

 

2型をさらに細分化すると3つの原因が見えてきます。

 

【1】インスリンの分泌が悪い。

 

【2】インスリンの運搬力が弱い。

 

【3】インスリンが糖を吸収しにくい。

 

 

 

このように原因は様々ですが、順に説明をしていきましょう。

 

 

【1】インスリンの分泌が悪い。

インスリンの分泌が悪いというと1型に近い症状だと思われますが、
これはあくまでも外部的要素のウィルス性などによるインスリン製造部が破壊されることとは違い、
もともと体質的にインスリンの分泌が少ない方がいるということです。

 

これらの治療法の多くは1型と同じく
インスリンの注射によって治療を施しますが、
それが根本的な治療法にならないことはお分かりいただけると思います。

 

つまり、注射をしなければ糖尿病を改善できないと言っているようなものです。
克服とは程遠い治療法ですね…。

 

体質的にと言われると、どうしようもないように聞こえますが、
それを克服する方法はあります。

 

またインスリンの分泌を促す治療法もいくつかありますが、
正直それらは確定的なモノではなく、
あくまでも改善できるレベルだということをご承知おきください。

 

【2】インスリンの運搬力が弱い。

インスリンの量自体は人並みに分泌されブドウ糖と結合し
必要とされている細胞に運搬されていく仕組みになっていますが、
その運搬能力が低く必要とされている細胞まで届かないことが原因となっています。

 

【1】と同様に、これら一般的な治療法としては
元気のあるインスリンを外部から注入することで
維持するような治療法が取られています。

 

 

 

【3】インスリンが糖を吸収しにくい。

血中にあるブドウ糖をインスリンが吸収しにくく
ブドウ糖をうまく取り込めないことが原因となっています。

 

結果、必要とされている細胞に
エネルギーとしてブドウ糖が供給されないので、様々な症状に至ります。

 

これらの多くは体質的な要素が多く、
根本的に改善、克服する方法がないと思われがちです。

 

病院側もインスリンを補填、補充する形で対応していることが多いので
糖尿病の多くは一度、発病してしまったら治らない
「不治の病」だと思われている方が多いのです。

 

確かにこのように原因が様々でその原因を特定するだけでも、
何度も検査を行い長い間待ち時間を何度も体験するはめになります。

 

あの退屈でムダな時間を過ごし診察が終わったころには
ぐったりして何もヤル気にならない感覚は苦痛でなりませんね。

 

糖尿病

 

食事療法食事療法の詳細はこちら

【無料】糖尿病改善プログラムメールマガジン登録

 

当メルマガは、

  • 糖尿病にお悩みの方
  • ご家族・友人の糖尿病を治したい方
  • 糖尿病の心配がある方

にオススメいたします。

 

このメルマガでは、
糖尿病と診断をされてからわずか2ヶ月間で糖尿病を改善した方法をお伝えします。
こちらのページに証拠画像がございます。)

 

ぜひご覧いただき、あなたやあなたの身のまわりの方の
糖尿病改善にご活用ください。

 

お名前 ※


E-Mail ※


 

※当メルマガは独自配信システムを利用していますので、
他のメルマガに自動登録されることはございません。
また、いつでも解除して頂けますので安心してご登録ください。